キモオタだから許して欲しい

ジャニオタだった私は気付いたらLDHの沼にいた

推ししか見えていない日記を書きました

2022年4月28日ØMI LIVE  TOUR 2022 ANSWER… 並びにPSYCHIC  FEVER OPENING  LIVE 〜PCF〜がファイナルを迎えましたね!

 

初日の福井公演から一週間後に沼落ちブログを書いた事が、遠い昔のように感じる。あれ以降熱は上がり続け、当初の予定と大きく異なるトータル10公演入らせていただきました。今までのツアーは2公演とかしか入っていなかったので、その異常をお察し下さい…。

なぜってそりゃ、中毒性がすごかったからさ!恐ろしいよ、渡邉廉くんは。ダンスに歌にラップにビートボックス、一人で何役もこなすその才能は言うまでもなく、その一つ一つの完成度の高さは早く世界に見つかるべきだよね。

でも結局、一番目を奪われてしまうのはダンスだったな…。

怖い事を言うけど、公演中ほぼ廉くんのダンスしか見てなかったわ。語弊、廉くんのダンスから目が離せなかった。惹きつける力がすごいダンスって、あれを言うんじゃ無いかしら…。ダンスの事は全くの無知なので専門的な事どころか何も分からないけど、あのダンスがすごく好きって事だけは、毎公演終わる度にその事実を実感した。なぜあんな動きができるのか、人間の体ってあんなに綺麗に動くんだって、人体構造の謎レベルの疑問を抱きながらいつも電車に乗って帰っていました。頭が悪いので、その答えは未だ闇の中ですが。


このブログは未来の自分のための備忘録だから、今回はセトリ順に思い出を昇華して行くよ。

DVDになっても映らないだろうし、自分の記憶力が無さすぎる故に幸せが消失する事への抵抗だよ!

前置きしておくと、まじで廉くんしか見えてないよね。セトリネタバレだよ。

 

 

1.ANSWER…SHADOW

神映像。ØMIさんの前に立つ椋雅くんと廉くんの頼もしさたるや!ソロ帯同組激アツです…ØMIさんからの信頼を感じる演出に泣く。あと廉くんが今回のライブで唯一腕を出している衣装ですね!感謝永遠に。白黒世界の黒衣装が廉くんのしなやかな動きと合いすぎているんですね。芸術です。

サイフィちゃんがØMIさんの前に横一列になって、目の前にいるであろう敵に立ちはだかるところ、あまりにも強い…PSYCHIC FEVER強い


2.Can You See The Light

本編一曲目。衣装のフードがとにかく天才…フード込みで廉くんの体なの?ってくらいバランスが良くてかわいい上に、あのフードは遠くからでも見つけやすい。万能!この衣装でアクスタ出して下さい。1曲目からハードなダンスなのにキレが良すぎる…曲終わりに後ろを向いてバチッと決める仁王立ちが覇王。廉くんの仁王立ち好きなんだわ。腕と足の開き方のバランス、何を取っても芸術的で怖い。


3.Nobody knows

背後のスクリーンの赤に浮かぶ黒いシルエット、その時点でもう美しい…スタイルが良過ぎる…。またハードなダンスなのにやっぱりキレが良過ぎる。女性ダンサーさんとアイコンタクトしててちょっと楽しそうなのも、思春期みたいでかわいい。重厚感のある振り付けと盛り上げ動作もある優秀な曲だね!この曲SSCの時も好きだった…。


4.NAKED LOVE

曲始まりから階段のテッペンにいるかわいい。「その作り笑顔まで」で手を顔に添えて横を向く振り付けが、表現力溢れ過ぎていてとっても美しい。マスクで顔は目元しか見えてないのに、目と動きだけであれだけの表現力を出してくる才能、あれできる人この世にどれだけいる?世の監督達は早く廉くんを見つけたほうがいい。

階段でØMIさんと交差する時に屈んで、ØMIさんを隠さないようにする振り付け偉い…MATEちゃんに優しい。階段を移動して下に座るその姿も美術品かと思った!綺麗すぎて!腕を上げるその指先まで美しいからね。なんなの?


5.OVERDOSE

階段で俯いていた顔を上げるんだけど、そこの動きのキレにまずビビるわけよ。この曲、そういう首とか腕とかの動きのメリハリがすごい綺麗なのよ!床に座る振り付けがあるのもこの曲だっけ…ちょっともう好き以外の記憶が曖昧だわ。この曲調のダンスは廉くんの動きのしなやかさが本当に映える。ずっと見ていたい。


6.BLUE SAPPHIRE

OVERDOSEからの流れ含めて、私的にここが最強でピークで美しくて存在が宝。イントロの一音が聞こえただけで鳥肌が立つようになりましたね。この曲の振り付け最高すぎない?廉くんのダンスの振り幅と表現力に全世界がひれ伏す…この曲だけでもいいからサイフィちゃんの一人一人のマルチアングルが切に欲しい。どうにかなりませんか。なりませんね。

ラスサビの音がライブバージョンになってて、ØMIさんの周りで一つ一つポーズ決める所あれ大好き…全員主役だよ。ラストくるくる回ってしゃがみ込んで終わるのが天才過ぎて、その余韻がずっと消えない。この曲に関してはもう、最低でもあと600回は見ないと満足できない。


7.GIVE UP

(廉くんはお休みなので)割愛。


8.Colorblind

「Colorblind Colorblind」の歌詞のところの振り付けがせかせかしててかわいいし何かもう「かなブラかなブラ」にすら聞こえてくるし、上手側から見ると龍臣と被って廉くん見えないからやっぱりかなブラ。この曲も曲調がメロウで廉くんのダンスの深みがマッチしておりました…。最高に良い。曲終わりで歩いて捌ける時ちょっと寂しい。もっとステージにいてほしい


9.SHINE

お衣装チェンジ!ステージが明るくて衣装が白いから、視界がクリアで一番よく見える!タトゥーコンプラの全身タイツも見慣れるとかわいく見えてきました。肋骨が浮いているのでご飯沢山食べて欲しいけど、食べても太らない体質だから仕方ないか…。

最初の後ろ向いてグーパーグーパーしてるの、実はただのグーパーじゃなくて指をバラバラに動かしていてとてもしなやかだった…初めて見るグーパー…。顔に当てた手のひらを撫でるように下にずらして、逆の手は伸ばしてる振り付け、あれ本当に綺麗ね。伝われ。

MVのイメージが強いから、ここまでガッツリ踊ってる姿を見られて嬉しい。何よりSHINEの世界は明るくてよく見える…明るすぎて客席に向けてライトがすごい光ってくるから逆に見えなくなるけどね!


10.YOU

11.Starlight

例により割愛。


12.HEY

ここちゃんとイーサちゃんの歌う英語詞かっこいい。特にイーサちゃんのこの歌が公演を経るごとに力強くなっている気がして、頑張れ…!って気持ちで見ちゃう。ところで、ここちゃんの歌う後ろで踊ってる廉くんめっちゃ輝いてない?俺らのボーカル最高だろ!って気概を感じる…最高です。ØMIさん、ここで後輩に歌わせてくれるという粋な計らいを、本当にありがとうございます。


13.DIAMOND  SUNSET

中盤で階段に集まるサイフィちゃんをロックオンする曲…。各々がØMIさんに向かって手を振ったりアピールしたり、それにØMIさんも手を振って応えてくれたり、ツアー終盤になるとマイクを通してサイフィちゃんについてØMIさんが発言してくれるようになって愛…。ØMIさんが上手側に歩いて行って、サイフィちゃんが下手側で踊っている時は目線がMATEの皆さんと逆を向いていてごめんなさいという気持ちで下手側を見させて頂きました…。福井初日の頃の自分が信じられないって顔でこちらを見ています…。こちらの私も未だに信じられない。


14.15 割愛です。


16.UNDER THE MOONLIGHT

アンコール一曲目!サイフィちゃんが順番にソロダンスするイントロの、一番最初に踊る廉くん強い。静岡公演二日目でマスクが間に合わなかった事はもう忘れたよ!

白Tシャツで後ろ向いた時の肩甲骨の具合が羽。羽生えてる…廉くん羽生えてる…。だからあれだけ軽やかに綺麗に踊れるんだね!地上にいてくれてありがとう…帰らないでくれてありがとう…。

この曲か定かじゃないんだけど、下手側ステージサイドに履けてる時にステージ中央を向いて目を閉じてて、ステージに戻る時に目をパッと開いてスイッチを入れて戻るみたいなそんな様子に最終公演で気付いて腰を抜かしました。


17.CHAIN  BREAKER

中盤まで激しめにガッツリ踊ってからの、マスクを外して!ラップ!!!声が良い…声量が良い…滑舌が良い…マスクを外した事で楽しそうなお顔が見れて嬉しい。再びマスクを付けるまでチキチキ双眼鏡レースです…あ、上手側に立ち位置が変わりましたね!双眼鏡、追いかけます!

HEYに引き続き、自分の楽曲にアレンジで後輩にラップを歌わせてくれるØMIさん、一体どこまでお優しいのでしょうか…。一生ØMIさんについていこうね、サイフィちゃん!


18.HEART of GOLD

神曲なので…ØMIさんと共に横一列に並んで客席を巻き込んでみんなで一致団結!サイフィちゃん手の振りも大きくて見やすくて会場のみんなも真似しやすいね!「I got a heart of gold」で両手上げてジャンプするのめちゃくちゃ元気でかわいい。すくすく育って、もっと大きくなろうね。もう大分大きいけどね!

あんなに楽しそうに腕を振って飛び跳ねていたのに、「灯り一筋金色に輝き」の所でいきなりスンッて立ち止まるの温度差で、お?お?ってなりました!みんなで頭上でクラップも大好き楽しいね!だけど最後はやっぱり「灯り一筋」でスンッ

 

 

以上です。

 


大雪が降る中で迎えた初日の福井。新潟。ジミーくん、椋雅くん、サムちゃんが出演できなかった広島1日目、更に剣くんも出演できなくなった広島二日目。ØMIさんの誕生日をサプライズで祝った静岡。EXILEさんの新潟公演のオープニングアクトを2days挟んで、満開の桜が咲く東京。熊本。神奈川。そしてサムちゃんの脱退の発表。大阪。ラスト愛知。

ぎゅっと詰まった3ヶ月間を走ってきたPSYCHIC  FEVERの皆さん、本当にお疲れ様でした!この期間を通して沢山成長されたんだろうなぁ。大好きです。デビューしよう。

 

 

 

 

 

 

 

オタクがPSYCHIC FEVERにハマった一週間のお話

これはSSC、オミくん(推し)のツアータイトルでは『Who Are You?』でまさしくあんた誰?状態だった、オミくんに誕生日を祝われていたピンクの髪の少年を、二年後のオミくんのソロツアー『ANSWER…』で"新たな推し"という答えに辿り着かせる世にも奇妙な物語です。


私は大好きな推し、登坂広臣さんを推す事で日々の生きる糧を貰い楽しく暮らしていました!

そんな推しの2年ぶりとなるソロツアーも張り切って初日の福井公演のチケットを申し込み、楽しい楽しい推しのソロツアーが幕を開けたのです!

…おっと、幕が上がる前に、オープニングライブとしてPSYCHIC FEVER(サイキックフィーバー)のライブがありましたね!PSYCHIC FEVERの事は、三代目のライブでも何度かそのパフォーマンスを見ているので認知はしているよ。ただ、それが全てドーム規模での開催で、私の席運は極悪だから後ろすぎてほとんど見えては無いんだけど知ってはいるよ、存在はね。リンリン鳴るフォンの曲、耳に残るよね。

そんなPSYCHIC FEVER、今回のオープニングライブではリンリン鳴るフォン以外にも何曲か、およそ30分間の時間を与えられていたのです!

1曲目、『PSYCHIC FEVER!!』盛り上がる曲です!

2曲目、『Best For You』しっとり始まりました!メロディーラインが綺麗ですね!あれ、これサビの人のマイクの音量だけ大きい?じゃなかったら声量やばくない?ていうかLDHのボーカルでこんな真っ直ぐな歌い方する人いるの?でも歌詞がストレートだから、その歌い方がマッチしててすごく良い!どんな人が歌ってるのかな?ちょっと双眼鏡で見てみよ…何この人すごく楽しそうに踊ってる…。


ここで私の過去のフラッシュバック。

×年前、私が三代目のファンになる前にジャニオタをしていた頃の話です。

当時推していた所謂『自担』の現場に楽しく通う日々。そんな自担の現場のバックで踊るジュニアの中に、目を奪われた子がいます。そのジュニアは他の子達と明らかに違う空気で表情豊かに踊り、もはや顔で踊ってると思うくらいに全力で楽しそうに踊る子でした。私はその子のファンになり、その子目当てで新たな現場に行ったりなんかもして、「今の担当も好きだけど、これからはこの子が自担になるかもしれない!」とワクワクしていた日々が始まりかけたところで、そのジュニアはこの世界から身を引きました。デビューをしていないジュニアではよくある事です。ショックが凄まじかった。今も元気にどこかで暮らしているといいですK君。


さて、『ANSWER…』のライブに戻ろう。

PSYCHIC FEVERBest For Youだったね。

声量のあるストレートな表現でサビを歌い上げていた子が、とっても楽しそうに踊っているのが好印象だったね。

でも今日はそこまででお終い。なんたって推しであるオミくんのライブ初日、オミくんに酔いしれて終わったからね!いや〜良いライブでした。翌日の公演もチケット取っておいてよかった!おやすみー!


おはよう!ライブ2日目だよ!

昨日はスタンドだったけど今日はアリーナ後方だね〜相変わらずチケ運は無いよね!そうだ、どうせだし今日はPSYCHIC FEVERの昨日のあの気になった子をしっかり見てみよう。確か注目は2曲目だったよな…

2曲目『Best For You』

アリーナの音響やばくない?スタンドで聞いた昨日よりあのストレートな歌声のサビが会場中を包み込むように聞こえて、あのちょっと鼻にかかったようなそれでいて発声のしっかりした声が心地好くて、やっぱり楽しそうに踊っていて、マスクの下で私超笑顔。見つけてしまった…ここにいたんだね過ぎ去りしジュニアKの亡霊(失礼だけどまじで直感そう思いました)


オミくんのライブを楽しみつつ、チラチラとその亡霊を追いかけながら福井の2日目は終了した。

アレは誰だ?配られたPSYCHIC FEVERのフライヤーを見る、多分これか?と思うけど少し前のアー写だし記憶も曖昧だから顔と名前が一致しない。でも多分これ、このオミくんの載せてくれた写真の右上にいる人。廉くんて子。

Twitterで静かに興奮していると、フォロワーさんが「それはSSCにいたピンクの髪の子だよ!」と教えてくれる神。

ピンクの髪なんて目立つ人、私史上でも3人くらいしか知らないのでそれで思い出し、「あの時オミくんに誕生日を祝われていたピンクの少年!」と煉獄さんになる。

かくして、2年前にオミくんに誕生日を祝われていたピンクの知らない少年と、PSYCHIC FEVERの渡邉廉くんが同一人物であると私の中で一致した。


地元に帰った私は早速PSYCHIC FEVERのYouTubeをチャンネル登録

登録者数100万人目指してます!→ https://youtube.com/c/PSYCHICFEVER 頑張れ!

とりあえず上がってる楽曲MVから見てみるか…。

ライブパフォーマンスの動画も結構ある!あのダンスが見たいから片っ端から見よ!

ただここでBest For You PSYCHIC FEVER - 'Best For You' @ 10.22 'Best For You' Launch Online Live - YouTube が好きすぎてそこのループから抜け出せないという誤算。

廉くんの歌うサビパートの歌詞「ただ君の笑顔が見たい それだけで僕は幸せ」を、世界で一番笑顔がかわいくて、それを見ているだけで幸せになる人間がどれだけいると思ってんだ!と怒りたくなる程の人選ありがとう。このパートを廉くんに当てよう!と決めてくれた偉い人ありがとう。とんでもない大仕事をしてくれていますよ。少なくとも一人の人間オタク種の人生を狂わせています。


雑念さておき、この時に動画と同時進行でPSYCHIC FEVERのメンバーのプロフィールやブログなんかも一緒に見ていく。みんな若い。びっくりしたのは廉くんがラップ担当であるにも関わらずBest For Youでサビを歌っていたということ。あのストレートな歌い方や発声も、ラッパーならではと言われれば妙に納得する。でもなぜサビを歌う事に選ばれたのか?まあいいや…あのサビを廉くんが歌っていた事で私はここまで来てしまってんだわ。

結局、PSYCHIC FEVERのYouTubeの動画は楽曲だけに収まらず、なんかもう全部見た。仕事の合間に3日間くらい費やして全部見た。好き。

こうなったらもう確証が欲しい。

行動力には定評のあるオタク、福井公演から1週間後に開催される新潟公演のチケットを公式リセールから買う。

さあ私のANSWERを探しに行こう。休みを取っていなかったので、仕事終わりに寝ずにレッドブルで体を誤魔化しながら、いざ新潟へ!


はい終わり。

この一週間ずっとYouTubeで見ていたせいか、PSYCHIC FEVERのオープニングライブが楽し過ぎて秒で終わった

改めてしっかり見た廉くんのダンスは本当に天才。腕の動き、足の動き、腰の使い方から首の動かし方まで目が離せない。それでいて楽しそうに踊るし、曲に合わせたダンスの表現力が凄まじい。何この人。声量のしっかりした歌声とラップだってもちろん最高で、これをアリーナ規模の会場で見れた事に感謝しか無い。オミくんありがとう。


かくして始まったPSYCHIC FEVERのファンとしてのこれから、楽しみで仕方ないです。サイフィちゃん単独ライブよろしくお願いします!!

廉くんをクローズアップしすぎてるけど、PSYCHIC FEVERの楽曲が本当にどれも良い。まずそれ。ボーカル陣はレベルが高くて、しっとり歌い上げるのも熱く盛り上げる事もできるし、ラップも5人いることで曲の幅が広がって、一曲に色んな楽しみ方ができる。だからどの曲もリピートが止まらなくなるんだろうな…。その上、多国籍なグループとしてのビジュアルは本当にかっこいい。並んだ時の迫力は全員モデルか?と思う。でも彼らのYouTubeを見て…歳相応にかわいい。このかわいさとかっこよさのギャップがまた良い。

 

まずはこれを見て!みんな大好き決起集会(♯4まであるよ!)

PSYCHIC FEVER 秋の決起集会 #1 - YouTube

人狼やってるよ!みんなの画力も分かる!クリスマスパーティー

【X'masスペシャル】人狼ゲームで仲間割れ!!??ぽんこつペイント、プレッシャーブロックにも本気の挑戦!! -PSYCHIC FEVER- - YouTube

メンバーの意外な一面が見れるよ!イカゲームだるまさんが転んだ

【イカゲーム】動いたら一発芸?! だるまさんがころんだ - PSYCHIC FEVER - YouTube

そして私が鬼再生している、好きが詰まったBest  For Youのリレーダンス動画…

PSYCHIC FEVER - 'Best For You' Relay Dance - YouTube

 

最後に、YouTubeTikTok(このティックトックがおばちゃん的には敷居が高い)の配信という壁を壊して、実際に生でライブをするという機会を与えてくれたØMIさんのライブの功績は本当に大きいと思う。実際に私のような別の畑にいた人間が、隣の隣の人の畑で育て中の野菜を見て感動して、こうして育て始めちゃってんだもんな。喩えが下手だな。

 

 

何かの沼に落ちる時、それは突然にしてラブドリームハピネス

あなたのLDHはどこから?私はHiGH&LOWから。

そういう人は多い。とかく私もその一人である。

 

2019年9月21日、特にすることもなく休日を持て余していた頃、TwitterのTLに一つのツイートが流れてくる。それはフォロワーの誰かがRTした、見ず知らずの人のツイートだった。

「今ならハイローが無料で見れるよ!」という文字と、リンクと、出演者と思われる何やら厳つい顔がたくさんの画像。

“ハイロー“、聞いたことはあった。少し前に他界隈ながら、オススメしている人があちこちでその話をしていて、『EXILEの映画』という前情報は得ていた。私はEXILEに対して、厳つい陽キャ集団というイメージで苦手意識を持っていたため、今までずっとスルーして来たのだが、暇だった事と無料で見られるという事が重なり、軽率にツイートに書かれていたリンクに飛んでみた。

リンク先は、期間限定でHiGH&LOWの映画一本を無料で見られるという動画配信サイトだった。勿論公式である。そのまま流れるように再生し、鑑賞した。

『HiGH&LOW  THE  MOVIE』

最後まで見た。初見での感想は、面白いのだろうけれど、よく分からないという感情が大きかった事をよく憶えている。登場人物が多すぎる事や話の流れから、どうやら今作の前に見るべきものがあって、その知識が無いと理解できないのだと悟る。だとすると、ただ今作だけを見てその感想を抱くのは勿体ないのではないか?私はそのまま、“ハイロー“についてざっと調べてみた。これはシリーズものであり、ドラマや映画が何本も存在している。じゃあ、まず初めにどれを見たらいいのか?どこで見られるのか?その答えを見つけ、某動画配信サービスのサブスクに登録、連ドラの『HiGH&LOW  THE  STORY  OF  S.W.O.R.D』を見る事になった。

その連ドラを見終わると、もう次が見たくて堪らなくなった。『THE  MOVIE2 END  OF  SKY』『THE  MOVIE3 FINAL  MISSION』を見終え、ああ、面白かった…。ここで満足感と充足感、終わってしまった虚無感に襲われた。その時点で、もうだいぶハイローというコンテンツに関心を持っていたのだが、本当の意味で私をハイローの沼に落としたのは、その次に見た『THE  RED RAIN』である。

もともと私には、いわゆるジャンルとしての兄弟ものが大好きだという前提があった。それ故に、『THE  RED RAIN(以下レッレ)』に対し、これはずるいという訳の分からない嫉妬すらを見る前から抱いていた。しかし、そうも言ってはいられない。見たいんだから。さて、満を辞してレッレを拝謁する事となる。当時ジャニオタで、アニメも嗜んでいた趣味人間の私。正直に言うともう新しい物にハマりたくはなかった。レッレを見たらもう引き返せない、それくらい自分とレッレに対して高いハードルを与え、鑑賞したにも関わらず呆気なく持っていかれた。

斎藤工EXILE  TAKAHIRO、(当時は顔と名前が一致していなかったが)登坂広臣の三兄弟である。あまりにも華々しい顔面の兄弟愛、ド派手でスカッとするアクション、衝撃、感動。それらが一気に私が作り上げた勝手なハードルを飛び越え、懐に飛び込んで来た。兄貴のラストシーンに涙で画面を霞ませていると、まさかのエンディング後、伝説のアイスシーン。これはアドリブだ!と役者二名のことを全く存じなくても察した。なんてサービス精神の高い作品だ…完敗である。何が負けなのか、私の心です。

更に余談だが、私は「光と闇」「生と死」「朝と夜」と言った、“相反する二つの物“の表現を好んでおり、雨宮兄弟に対してもその性格の違いから「この二人、太陽と月だ!」と内心で喜んでいたところ、中の人であるTAKAHIROのモチーフが太陽であり、登坂広臣はソロプロジェクトで自身を月に喩えていると知った時は、あまりにも出来過ぎているこの世界を恐れた。

さて、レッレにより完全に両足がハイローの沼に浸かった私が次に行った事はハイローの曲が詰まったCDを買う事、そして雨宮広斗(登坂広臣)がいる三代目J  SOUL  BROTHERSのMVを見る事だった。そこで初めてハイローに出ていた面々の多くが三代目に所属していることを知る。何よりも驚いたのは、ダンさん(山下健二郎)が踊っている事である。ダンさんのことは、おそらく劇団EXILEにいる中堅だろうと思っていたため、まさか踊るとは思わずシンプルに驚いた。「ガンちゃん」の存在は、普段何気なく見ていたドラマにも出ていたためハイロー以前から知っていたが、ずっと歌う人だと思っていた。某コーヒーのCMでも歌っていたのに踊るのか!と意表を突かれた。ハイローで一際怖かった源治(小林直己)やICE(ELLY)、まさか三代目にいるとは思っていなかったジェシー(NAOTO)も確認し、三代目は敵も味方も関係ないドリームチームだったのか、と謎に感動した。あと、もう一人のボーカルの人はハイローには出ていなかったが、やたら歌が上手いな、という印象で全員を確認した。その今市隆二の事は数日後、バラエティ番組で場違いなほどのヤンチャオーラを出しながらも笑顔がとても可愛い人と認識、ギャップと可愛さに三代目のトータル戦闘力にひれ伏した。

歌が上手い!もっとその歌が聞きたい!三代目のMVを数本見た私はそれだけでは我慢ができなくなり、三代目の何かすごいボリュームのアルバム『THE  JSB WORLD』を購入し、毎日最低でも三時間は聞いていた。聞いても聞いても飽きるどころか、もっと聞きたい。更には生でこの歌を聞きたいと思うようになり、ハイロー初見から一ヶ月経たずに、ちょうど行われていた三代目のライブツアー『RAISE  THE FLAG』のチケットを一般で購入した。ライブなんて、今までジャニーズのものしか行った事が無い。こんなにわかが行ってもいいのか?ファンもヤンキーだらけなのだろうか?そんな事を考えながらもライブ当日を迎え、私はこの15年間団扇とペンライトという装備で行っていたライブという物に、旗一本で挑んだ。

あまりにも、楽しくて幸せな時間だった。

今までのライブでも、そう思う瞬間は何度もあった。けれど、アイドルのライブとは違う楽しさが確実にそこにはあった。初めての不安や、にわかの申し訳無さも吹っ飛ぶほどのお祭りだった。今日、突発的にライブに来た事は間違いじゃなかったと思えたし、私の選んだ道は最高だと確信した。

その日を皮切りに、私のLDHライフは更に加速する。歴史が長く、人数も多くて覚えられない、と距離を置いていたEXILEのメンバーを気がつけば全員知っていた。過去も現在も関係なく楽曲を聴きまくり、もっと良い環境で聴きたいと今まで買ったことのないような値段のイヤホンを買った。三代目のファン限定クリスマスライブにも行き、カウントダウンはライブビューイングで参加した。あまりにも壮大な2019年後半を駆け抜け、2020年を迎えた。

2020年は、思いもしなかったことの連続で気分が落ちる事も多かった。それでも絶えずLDHが届けてくれる、名前の通りのラブドリームハピネスに生きる活力と希望を貰っている気がする。前向きに思考をするならば、私がLDHに出会えた事がこの2020年に間に合って良かったと思う。私がLDHから授かったと思う物、前向きな気持ちと黒い服。これからの人生もよろしくね!

welcome to Sexy Zone 立ち位置

オーラス最高に熱かったね。

一生忘れられないトリプルアンコでした。

でも記憶は薄れてしまうので、とりあえず忘れないうちにウェルセクコン城ホ会場におけるセクゾちゃんの立ち位置をメモるね。間違いあれば指摘してほしい。


1.ウェルセク

すとんず、プリンス紹介スクリーンでセクゾ紹介
2.カラフルeyes(メインステ階段上五人並び登場)
3.celebration(メインステ)
4.make my day(メインステ→縦花を通りセンステ)
5.ぶつかっちゃうよ(センステ)
ロダンス(センステ)
6.24-7(センステ)
外周横花下手側風磨扇子、外周横花上手側マリ桜、バクステ仮面聡→センステ移動
7.New Day(メインステ勝利上手側、健人下手側)太鼓→殺陣
8.イフワナ(メインステ)
9.ghost(メインステ)
後半で聡マリ捌ける
10.Sweety girl(センステ→聡上手側、マリ下手側→バクステ)
11.無邪気な時間は過ぎやすく(スタトロ上手側スタート勝利風磨、下手側スタート健人)※城ホスタ12列と13列の間
曲終わりバクステ側にスタトロ5つ並び
12.フレンド(スタトロ上手側へ移動:聡健人、下手側へ移動:マリ風磨勝利)
スタトロ降りてメインステへ
13.Sexy Zone冒頭のみ(メインステ)
14.King & Queen & Joker(メインステ→センステ)

15.男 never give up(センステ)冒頭の「男」コール5回

16.Real Sexy(横花通り外周上手側:勝利聡風磨、下手側:健人マリ)
17.レディダイ(外周→バクステ)
18.Sexy Zone(バクステ→外周上手側:勝利聡風磨、下手側:健人マリ)ラストサビでメインステ
〜MC〜
オーラスゲスト:重岡流星
19.勝利の日まで(メインステ)曲前に振り付けレクチャー有り
次曲準備のため風磨聡マリが捌ける。健人勝利すとんずプリンスでトークと宣伝
20.You're the only one(メインステ:風磨、上手側:マリ、下手側:聡→外周を通りセンステ集合)

21.Mr. Jealousy(メインステ→縦花を通りセンステへ→バクステ)

22.BE CRAZY[すとんず](メインステ→外周を通りバクステ)
セクシーランウェイ(マリ→聡→勝利→風磨→健人の順でメインステから縦花を通りセンステへ)
22.Love Confution(センステ椅子演出)
23.Easy come! Easy go! Easy love!(センステ帽子演出)
24.Electric Shock(縦花アリA.Bブロ側:健人、縦花アリC.D側:風磨→センステ→外周上手側:健人、下手側:風磨→バクステ)バックにすとんず+岸
25.Last winter's night(センステ勝利ギター)
26.But...(メインステ→縦花を通りセンステ)
27.バンバン[関ジュ]
28.カナシミブルー.勝つんだwin[プリンス]
29.誰にも解けないミステリー(メインステ)
30.Perfect Potion(メインステ)
30.We Gotta Go(メインステ→外周上手側:勝利聡風磨、外周下手側:健人マリ→バクステ→往路と反対の外周を通る)
31.セクサマ(外周上手側:健人マリ、下手側:勝利聡風磨→横花に一列になる)
32.君にHITOMEBORE(横花上手より、勝利風磨聡マリ健人の順)

33.Cha-Cha-Cha チャンピオン(バクステ)
34.Congratulations(バクステ→縦花を通りセンステ→縦花を通りメインステ)

〜アンコール〜
1.マワレミラクル
2.BAD BOYS[勝利ギター](アリトロ勝利:A1.A2間→B1.B2間→横花→C3.C4間→D3.D4間→バクステ)(アリトロ健人:A3.A4間→B3.B4間→横花→C1.C2間→D1.D2間→バクステ)
3.power of run(スタトロ上手側:マリ風磨勝利、下手側:聡健人)
〜ダブルアンコ〜
Hey you
〜トリプルアンコ〜

High High people

---

トリプルアンコのハイハイでは、風磨くん提案の「どのファンもどのメンバーが来ても声を出せ。俺達は止まらないで走り続けるから」によって、言葉通りジュニア含めみんな走りっぱなし。
風磨くんはオーラスの前日公演で、アンコールの声が小さかったことに対し「声が小さいから出てくるのやめようと思った」ってわりとマジなトーンで話してたけど、オーラスのトリプルアンコでは「みんなの声が大きいから出てきちゃったよ」だからな…。この男は信頼できるなぁ!上司にしたい!

2/21金沢ファンミ1部個人的議事録

しょぉり中心のしょぉり贔屓!

メンバー後ろから登場。
ステージに上がると次々に
「この会場いいよね」
「いい会場ですよ」
「みんなの顔がよく見える」
と大絶賛。
二階席が無く座席の段差1段1段が高くて、顔が良く見えるホール。
これほんと良い会場!

司会はしょぉり!
勝利「任せろよ!すげぇ緊張してます」
聡「かわいー」

椅子決めジャンケン。
健人が一人勝ちをして、次点で勝利、マリ、風磨、聡。
センターに健人。
下手から聡勝利健人マリ風磨の順番。
勝利「この布陣いいかもね」

トークテーマ①【バレンタインにプレゼントされたいものは?】
風磨『金券』
勝利「いやしい!現実的すぎ!」
マリ「金券ってなに?」
聡「新幹線の割引されたやつとか」
聡ちゃん、メンバーに総突っ込みされる、それは違うだろうと。

マリ『生チョコかチョコフォンデュ』
「あーんってやってほしい、にゃーんって」
マリちゃん、メンバーに総突っ込みされる。「にゃーんwwww」を各々真似する(超かわいいな…)
マリ「生チョコの食感が良いの」
聡「わかる、ねっちょりする感じ」
聡ちゃん、メンバーに総突っ込みされ…だいたい聡マリちゃんのぶっ飛んだかわいい発言にツッコミ入れて会話が成立してくのほんとセクゾならではだわ!

そしてここで風磨くんによる聡ちゃんタレコミが入る。
風磨「ここ楽屋が地下で電波が入らないんだけど、こいつ(聡)1人だけ上の電波入るところ行って1人でスマホいじってる。打ち合わせに遅れてきたんだよ」
聡「家族と…」
風磨「どこまでが家族かわからないよ、お姉ちゃんって言うけどどこのお姉ちゃん?」
後に頻出する『もしかして:オネエ』のキッカケである。

健人『ネックレス型のチョコレート』
チョコの中から出てくるチョコレートを説明。

勝利『大福』
どの大福?と聞かれ、
勝利「茶に合う大福だよ。なんでボケたんだろー俺豆大福好きなんだよ。原宿になんかあったんだよ、教えて貰って。それが美味しかった」
マリ「ゴマがついてるやつ?」
勝利「ゴマじゃないね」
風磨「じゃあ今度それを差し入れにして、セクゾとセクガルに」

聡『手作りネックレス』
聡「ミルクボーイ系の」
風磨「お前ミルクボーイの回し者じゃないよね」
今日も全身ミルクボーイの聡ちゃん!
ここからアクセサリーの話題になり、マリちゃんが「僕のお母さん真珠屋さんでね」と話し出し、あまりの不思議な話に聞き入ってしまって私のメモが白紙。うーん、さすがマリウスファンタジーランド

トークテーマ②【右隣の人の好きなところを教えてください】
勝利「聞いてないんだようちらも!何やってんだよ、何笑ってんだよ」
って、袖にいるスタッフにツッコミ入れるしょぉりマジで楽しそうすぎた…。

『風磨から見たマリの好きなところ』
風磨「髪の毛の色。すごい綺麗な色してる。でも金髪にするらしいよ」
会場から「ヒエー」という感じのドン引きの歓声。
マリ「5年後、10年後とかだよ。ヤダ?じゃあやんない!」
お天使様…

『マリから見た健人の好きなところ』
マリ「いつも真剣でアドバイスやダメ出しをしてくれるから…自分の気づかないところをアドバイスしてくれる!」

『健人から見た勝利の好きなところ』
健人「全部です」
勝利「悪い気はしない」
健人「舞台2ヶ月一緒だったけど、勝利は毎日違う、飽きさせない。楽屋でもいろんなパフォーマンスをしてくれた。ベッドの右隣でサングラスしてたりとか。50公演初めの頃に、赤ペン出していきなりスケジュールにわあー!!って斜線引き出した」
勝利「カレンダーにね、終わった公演日に赤ペンで斜線引くんだけど最初のほうで一気に『終わった終わった終わったー!』って」
健人「場を和ませてくれます」
マリ「セラピストみたいな」
勝利「なんで俺カウンセラーなの」
健人「アロマセラピーみたいな」

『勝利から見た聡の好きなところ』
勝利「無いよ別に」
聡「みんな無いって」
これがしょりそうツンデレ事案か…!最近熱いと評判のしょりそうツンデレ関係…。
聡「みんな素直になんないから勝利拗ねちゃったよ」
勝利「僕のことを…」
ここでずっと流れてたBGMが急に止まる。
風磨「照明落としてーピンクにしてー」
ステージの照明がピンクになる…。
勝利「聡の好きなところは、僕のことをよく考えてくれて気にしてくれて、そうですね、そんな感じですね」
すると聡ちゃんも勝利の好きなところを言い出して、お前は言わなくていいから!とみんなに突っ込まれるオチ。
健人「勝利は疲れると何もしゃべらなくなるんだから」
この健人さんの発言、なんかいきなり聞こえて何がなんだかわからなかったけど、まあそういうことらしい。

『聡から見た風磨の好きなところ』
聡「ここにいる風磨くん担はわかると思うけど、かっこつけてるけどこう見えてかわいいところ」
風磨「担ってやめて」
聡「頭がいいので、頭の回転が早いのでグループのトークで引っ張ってくれるお方なので、好きです」
風磨「ごめんなさい」
聡「メンバーとしてね!?」
風磨「あっ、メンバーとしてか、よかったー」

次に会場から質問を受け付ける。
ジャンケンで勝った健人とマリが会場の後ろまで駆け抜ける。
途中ファンの団扇を見た健人が「初期のブルーアイズじゃん!欲しい!」って言ってたのがすごく無邪気だった。
会場からの質問は、『今まで貰ったバレンタインのチョコ最大で何個か』。
聡「友チョコとか家族からとか、今まで最大7,8個。女の子とか、男の子とか俺そんなに貰うタイプじゃなくて」
勝利「男の子?これは風磨くん…」
風磨「もしかして:オネエ」
さときく連携技…この日風磨くんの「もしかして:オネエ」発言何回言ったんだろうってくらいあった。

勝利「5,6個すよ、たぶん」
健人「1番多くて30個。もうジャニーズ入ってたから」
マリ「チョコは12個、バラと合わせて20個くらい」
風磨「小学校で11個」

ここで私のメモは途切れていました!
トークの大まかな流れはこんな感じってことかな…。その後にカラフルeyes歌って、タオル持ってきて、1人一言言ってハイタッチやっておしまい!
いろいろあったけど楽しかった!何よりも、あのホールほんと素晴らしく見やすい。前の方の席だったから尚更そう思えたのかもしれないんだけど、空調が寒かったくらいしか文句無し!おしまい!




ジャニワ初日感想しょぉりを辿る

私がジャニオタになったきっかけである内くんがプロデューサー役を務めたことで、しょぉりだけを見るというよりも内くんも気になる…そんな思いで始まりを過ごしていたら、指揮をとる内くんと向かい合うようにしてしょぉりがステージに上がってくる。

そのときにしょぉりがニヤけていたのを、私の防振双眼鏡は見逃さなかった。内くんが笑わせたのか初日の幕が上がった緊張と興奮でそうなったのかはわからないけれど、とにかくこうしてこの冬が始まったんだ。show must go on!
さて暦の旅一発目は魅惑の健人勝利の新曲New Day…と見せかけたNew Year!この曲少クラで見た時から好き…疾走感が一年の始まりに相応しいね!
個人的には桜咲くcolorのピンクのボアが付いたみたいな衣装がかわいくて2人で空中でクルクル回ってるのを見て妖精にしか見えなかったわけで…。そのクルクル回ってる最中に健人勝利2人で見つめ合って笑顔でかわいかったんだけど、2日目の昼公演見たら健人は勝利を見てるけど勝利は健人の顔を見ていない且つ二人とも真顔だった。話し合って変えたのだろうか。
飛んで一幕最後の見所。源平合戦!ではなく平野と龍が戦う→平野が危ない!カイトが助けに行こうとする→カイトをとめる廉→廉を振り切って龍に挑むカイト→カイトが龍に捕まった!さぁ、カイトを助けるため龍の一族を滅ぼすべく、抜くまいと決めていた剣を勝利が抜くよ!敵は健人!
!?!?
「生は死より尊いのだ!」勝利のこの台詞聞いて生きてよって歌ってた勝利様の有難味を1度思い出すよね。覚醒健人さんが冷酷に敵味方関係なく斬りつけていく様子に勝利くんは困惑。どうしちゃったんだよ健人!健人さんは困惑している勝利くんにも刃を向けます。なんやかんやで一幕は終了です。この時に星形の紙吹雪がこれでもかと客席に降り注いできます。量が半端ないのは水を使わない分かな。
まだ見ぬ景色が帝劇に帰ってきた!四角い枠組みを使ったフライング。客席頭上まで結構前に出てくる。四角い枠組みの中で宙吊りの勝利は本当に美術館から抜け出してきたみたいに綺麗だよ。国宝だよ。
闇をつけぬけてを歌い、健人への仲間愛を語り、君とミルキーウェイ。健人さんがあまりにもサラッと「確かギター弾けたよな」と言う違和感。勝利くんギター初披露です(感涙)健人さんのピアノと勝利くんのギターによるミルキーウェイ。私が天の川だったら七夕だけじゃなくてもう毎日呼んでください!と思うね。違うけどね。勝利がギターを弾く時に座ってる椅子が上下運動するのは笑いを招くから1度上に上がったら曲が終わるまでそのまま上がっていていいと思うんだけどどうかしらね!
LGTEを歌い、一公演に4回くらい歌うハイハイジェットをはいはいと聞いて終了です。ハイハイジェットは聞くほど好きになるね。
初日は主要キャストの挨拶があり。WSで流れるかもしれないけど勝利の挨拶のニュアンス「無事に初日を迎えることができました。今日このジャニワでギターを初披露しました。だからなんだと言われたら練習してたんです。2ヶ月キャスト一丸となって頑張っていきたいです。千秋楽には全てが変わってるんじゃないかな」だと思います。私のメモスキルじゃこの程度よ…。
あと、ミルキーウェイのくだりは毎回アドリブが入るのかな?しょぉりのツッコミの腕が試されるね。
さて、約二ヶ月間のジャニワが今後どう進化していくのか楽しみで仕方ない。しょぉりの感想だけをサッと書き溜めたけど、他キャストとか物語とか、書きたくなったらまた書き留めるんだろうなぁ。備忘録備忘録。